« ココロを楽しませる。 | トップページ | 気が付かされた色々なこと。 »

2011年3月13日 (日曜日)

当たり前の毎日に感謝。

11日金曜日、今までに経験したことのない 大きな大きな地震がありました。
わたしは 会社で席に座って仕事をしてました。
「揺れてる?」 自分に確かめるように椅子に座ったまま辺りを見回してました。

少しすればおさまるだろう。なんて軽い気持ちで とりあえずじっとしていたのだけど、
揺れはおさまるどころか どんどん大きくなってくる。

古い建物の工場なので、外に出た方がいいのか
それとも 基本的な態勢の机の下に入った方がいいのか…。
わけわからなくなって 外の様子を見たら 現場の人たちが
どんどん建物の外に出てきていたので、いそいでわたしも外に出た。

外に出たものの 揺れは強く、船に乗って波に揺られてるような気持ち悪さ。
その揺れが いったんおさまるまでの間は とても長く感じられました。

揺れがおさまったので とりあえず職場に戻ったのですが、
揺れはすぐにまたやってきて 外に出る…。

もう どうしたらいいのかわからない。
ごちゃごちゃしてる気持ちを整えるのに必死でした。


家に着いて、少し落ち着いてくると、
時間が経てば経つほどわかってくる 今回の地震の惨さ。

テレビに映ってるのは 目を覆いたくなるような映像ばかり。

家の中はというと さっきの地震があったことが嘘かと思うくらいに
なんでもなくて、電気も普通に使える。
テレビでは 電車が動かなくて帰れない人でいっぱいの駅の様子が流れてる。
わたしは、道路が混んでて 少し帰宅時間が遅くなったことや
お店がやってなくて、買い物が出来なかったことなど
そんなことに少しいらついてたり。

目の前の自分のことしか見えてなく、自分が感じていた気持ちに
一気に恥ずかしくなってきました。

金曜日の夕方から今も、そしてこれからも 続く地震関連のニュース。
2日経った今でも、まだ続く余震。
被災された方達のはかり知れない不安な気持ち。
何からしていけばいいのか 何も考えられないと思います。

テレビを見ていて もどかしい気持ちでいっぱいだったのが、
準備できる食料の少なさ、救援活動の遅さ。
あげたらキリがないけど、どうにかならないのかな。

そんなことを思いながらも 
テレビを見ながら、ご飯をお腹いっぱい食べたり、
喉が乾けば 冷蔵庫から飲み物を出してきて飲んでいたり、
ちょっと肌寒いから エアコン付けちゃえ…なんて、
今までと変わらずのこの生活も 被災地の方のことを思うと
この当たり前に思う行動が とっても贅沢すぎるんだ。

こうなってみないと気が付けないなんて、
でもその時は すでに遅いんですよね。

当たり前のことを 簡単に当たり前だと思ってはいけない。

今日も わたしは無事に生かされてます。
ほんとなら毎日、感謝しなければいけないですね。



これ以上、被害が広がらないことを祈るばかりです。
どうか、一人でも多くの方の命が救われますように…。

|

« ココロを楽しませる。 | トップページ | 気が付かされた色々なこと。 »

つぶやきゴト」カテゴリの記事